ヤマザキナビスコカップ vs ヴィッセル神戸
2008年3月20日(木・祝)16:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ0-1(前半0-1)ヴィッセル神戸
得点者:2分レアンドロ(神戸)
入場者数:33,392人

オジェック解任から4日。
エンゲルス監督の初采配。
たった4日しかなかったのだから、チーム状況が急変している訳はないと思いながらも、淡い期待をもって埼スタへ向かいました。

代表組が居ないのと、けが人が居たことで(じゃないかもしれないけど)、若い選手がスタメン&ベンチに名を連ね、もしかしたら何かやってくれるかもと思っていたのもつかの間、試合開始2分で先制されちゃうと、それからしばらくはヴィッセルペース・・・
でも、前半の終わり頃から、永井、梅崎、相馬、細貝の連携が見られるようになり、攻めている時間が長くなるようになっていました。
後半も、レッズペースで進んでいたとは思うのですが、ゴールの予感はあまり感じられなかったですね。
惜しいのはいくつかありましたが・・・

で、結局0-1の完封負け。

でも、見ていてわくわくする時間はあったと思います。

比較対象の問題はあるにせよ、前2戦に比べれば良くなってはいると思いました。
積極的な選手と消極的な選手の差があったのも事実ですが、消極的(動きが悪い)な選手は駄目だから外せとかではなく、気持ちの面で吹っ切る何かが必要なのかなと思いました。

試合後、北でサポーターと、社長&GMとの対話があり、オフィシャルにコメントが出ていました。
実際にその場にいたわけではないので、推測でしかありませんが、何を伝えたかったのか理解してもらえていないのではと思えて仕方ありません。
まぁ、公に発表するものだから、わざとなのかもしれませんが・・・

次は、西京極で好調の京都と対戦です。
京都までは行けませんが、今季初ゴールを見ることが出来るように願っています。
[PR]
by tailstream | 2008-03-22 02:59 | サッカー
<< ヤマザキナビスコカップ vs ... 卒園式 >>