ACL グループE 第2節 vsシドニーFC
2007年3月21日(土)キックオフ20:00(18:00) オージースタジアム
シドニーFC 22 浦和レッズ
得点者:1分カーニー(シドニー)、22分タレー(シドニー)、28分ポンテ、53分永井

前半開始から地に足が着かないというか、流れに乗れないというか開始1分でゴールを決められてしまうと、その後も終始シドニーFCペースで試合が流れ、PKまで与えてしまい(あれはPKじゃないだろ!)2点差を付けられ苦しい展開・・・
PKを決められた時には、TV中継を見ながら、興奮気味の両親を尻目に、「3点取れば良いんだから」と冷静?な娘がいました(^^ゞ

前半途中でネネが負傷し、長谷部投入。
ここから流れが変わり、暢久のクロスをポンテが決めて1点差。
前半はこのまま終了。

後半は開始からレッズペースで、後半8分にはポンテのクロスをキーパーがこぼしたところを永井が押し込んで同点。
その後もずっと攻め続けるも、ゴールを割ることは出来ずタイムアップ。

アウェーで勝ち点1。試合展開から考えても価値のある引き分けだと思います。

阿部、闘莉王、坪井の3バックに、長谷部と啓太のボランチ。
甲府戦の時にも思いましたが、このフォーメイションはかなり行けていると思います。
守備も安定する、攻撃も結構良かったと思います。

心配なのは、負傷で退場したネネと平川。
平川はかなり痛そうでしたし・・・

次の上海申花戦は埼スタジアムですが、水曜日は定例の会議が19時から20時過ぎまであるため参戦できませんが、妻と娘に託します。
[PR]
by tailstream | 2007-03-21 20:28 | サッカー
<< 終了式 佐藤琢磨、チーム初のQ2、Q3... >>