再放送を見終えて
ドイツW杯 準々決勝 ブラジルvsフランス

先ほど再放送を見ました。
ブラジルのスタメンを見て、「何?、ロナウドとロナウジーニョの2トップ???」
パレイラ監督の考えがよく分からない・・・

キックオフから一進一退の攻防となってはいるものの、何となくフランスペース。
でも、お互いに決定的なチャンスは作れない。
フィニッシュにつながらないので、低調な感じに見えるものの内容はそうでもないのかも・・・と思いながら時間は過ぎ、前半終了間際にフランスの決定的なチャンスを、ジュアンがファールで止めPA前ゴール正面からのFK、アンリが直接ねらうものの壁の中のロナウドの手に当たって、ハンドの判定。
もう一度FKになるものの、得点にはつながらず前半終了。
結局、枠内シュートの数は、1本ずつぐらいだったかな・・・

後半は開始早々から何となく荒れ模様。
ブラジルのディフェンスが集中力切れ気味で、ファールが多い。
後半も、フランスペースで進む中、ジダンのFKをアンリがボレーで決めて1-0。
この1点でブラジルは明らかに焦りが出てきてましたね。

ペルナンブカーノに変えて、アドリアーノを入れ、ロナウジーニョをいつものポジションに戻してからは、ブラジルペースというかブラジルの猛攻になるものの、決定的なチャンスは作ることが出来ず、ロスタイムに突入。
ロスタイムにも2回ほどチャンスを作るものの、得点にはならず試合終了。

前回王者ブラジルが、またもフランスに完封負けでW杯を去っていくことになりました。
フランス大会の雪辱を期して望んだと思われるブラジルは、試合開始からフランスを意識しすぎて、ブラジルらしさを出せずに負けてしまった感じがします。
今のフランスとブラジルを比べたら圧倒的にブラジル有利と思うのですが、精神的な部分がブラジルにかなり不利に働いたと言うところでしょうか・・・あのブラジルでも、精神面でやられてしまうのか・・・

フランス的には、ジダン伝説は終わらせないといった感じですかね。
[PR]
by tailstream | 2006-07-02 12:54 | サッカー
<< 久々のポールポジション! ポルトガル、フランス >>