選挙
一昨日は参議院議員選挙でした。
自民党の惨敗と言う結果でした。
安部さんは退陣はしないそうです。
衆議院では、自民・公明が過半数を締め、参議院では民主党が過半数を占める状況と成りました。
これで自民党が考えていた法案は、上院である参議院で可決される見込みが薄くなったらしいです。

学校で教わった2院制での参議院の役割って、衆議院で可決された議案、法案の正当性を判断して最終決議をする所なのでは?

今までも、これからも、参議院で過半数を占める政党の思いだけが反映されるのならば、参議院の存在意義を見直すべきなんじゃないのかなと思ったりします。

参議院の選挙に政党を選ぶ比例代表制があったり、各政党の公認候補がいたりって何か変な気がする今日この頃です…
[PR]
by tailstream | 2007-07-31 20:00 | 最近の話題
<< J1第14節 vs サンフレッ... 不規則 >>